社会福祉士 障がい福祉サービス

社会福祉士や精神保健福祉士をお持ちの方は公認心理師を受験してみませんか?

投稿日:


今年の公認心理師の国家試験は、9月19日(日)に実施されます。

「受験の手引」の請求をしなければなりませんが、今年受験される方は急がなければなりません。締切は6月25日(金)です。でも、来年の受験を狙っている方は、余裕がありますね。

来年の区分Gルートで受験する方は、今年の「公認心理師現任者講習会」を受講することが最低条件になります。

これまでの、あなたの職歴を活かすことができるのであれば、それを活かして取得できる最終年度となります。

本当であれば、公認心理師国試は,大学院等を修了しないと受験できない国家試験なのです。

それだけに、価値があります。資格そのものに権威性があります。通常では受験できないからです。

しかし、来年の国家試験までは特例措置があり、現任者であると認められれば、現任者講習会を受講して、勤め先の代表等が認めて証明書を発行してくれれば、国家試験を受験できるのです、しかおそれは来年が最後となります。

現任者とは、いわゆるGルートでして、このルートでの門戸を広げているのは,第5回国試までです。

元資格に、社会福祉士や精神保健福祉士を持っている方は、教育分野以外の法制度は改めて勉強する必要がないので,国試対策は内容を絞った勉強ができるのではないかと思います。

その点は他の職歴の方よりも有利に働くと思います。

ただし、受験できたとしても、来年のことですが、不合格になったら次の受験資格がなくなってしまいます。1回だけのワンチャンス。逃せばノーチャンス。

やる気が出ますね。

なぜならば、その後に受験資格を得ようと思ったらば、大学院等を修了しなければならず,時間もお金も莫大にかかります。

現任者に相当しそうな方は,尻込みすることなくチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

後にも先にもこのチャンスが最後です。

人生最後の心地よいプレッシャーを感じつつ。

受験資格の詳細は「一般財団法人 日本心理研修センター」のホームページに詳細が載っています。ご参考に。 http://shinri-kenshu.jp/faq#anchor_cat-3_group-g

それによりますと、どのような職種が現任者と認められるかというと、特に定めがないのです。

「現任者の要件に職種は含まれていません。業務内容について,勤務先の証明権限のある代表者が,公認心理師法第2条第1号,第2号及び第3号の内容があると判断して,受験申込時の実務経験証明書に証明した場合,職種によらず,現任者としての可能性はあります。」

と書かれています。つまり勤務先の所属長や代表が判断して認めましょうとなって、実務経験証明書を発行した場合、現任者と認めうる可能性があるとのことです。

ボランティアでやっていたことも、場合によっては実務経験に換算できるそうです。

公認心理師をまとめますと

公認心理師とは 2017年公認心理師法が施行され、誕生した真新しい国家資格です。

こういった新国家資格受験においては、過去からもありましたが特例措置があります。かつては理学療法士のときも特例措置がありました。マッサージ師や柔道整復師も受験できたのです。

今回もしかり。

区分Ḡルートによる受験資格は、令和3年度の現任者講習会受講が最終になるのです。

ざっくり、公認心理師は、何らかの心理的な支援が必要な方に、その心理状態を観察して、相談や助言を行い、それらの経過を通じて解決に導く手助けをする仕事です。

活躍の場が広いです。医療はもちろん福祉、教育、産業・労働、司法の場での活躍が期待されています。

公認心理師を目指すメリット

これはいろいろあるので、具体的に示すのが難しいですが、それぞれの活躍している場において、エビデンスに基づいた心理的援助を講ずることができるというのがあると思います。心理士ならではの、しっかりとしたロジックで仕事ができるメリットがあります。

勉強することもたくさんあり、学習意欲がある方にはとてもオススメです。

病院や診療所、老人関係の施設やデイ、障害者施設や障がい者通所施設、地域包括支援センターや社協、児童発達施設等に5年以上働いてきて、なおかつそれらの施設を利用している人の中で、心理に関する支援が必要であった方などの相談に応じ、指導や助言、その他の心理的支援を経験していれば、あとは公認心理師現任者講習会を受講するべし。

そして、来年第5回公認心理師国家試験を受験するのです。

モチベーション高めて、その頂きに向かって邁進しましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-社会福祉士, 障がい福祉サービス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

silhouette of tree near body of water during golden hour

公認心理師の受験、特例受験は最後のチャンス

こんにちは、だわリン太郎です。 新しい国家資格として「公認心理師」ができています。医療、福祉の分野でしっかりと単位がとれる資格になっています。 通常は大学院を修了しないとなかなか受験もできない資格です …

セミの脱殻

社会福祉士になるには

社会福祉士になるまでにすること 社会福祉士になりたいが、どうしたらなれるのだろう?福祉系の仕事に就きたいけど、何か資格があったほうがいいかなぁ大学を出てないけど、社会福祉士になれるかなぁ こういう疑問 …

障がい者の就労支援事業を始める前の準備

・障がい者の就労支援事業をやってみたいが、どうやったらいいのだろう?・法人を立ち上げるって、どうするの?これらの疑問にお答えします。 本稿の内容 ■就労支援事業の立ち上げ方■障害福祉サービスのこと■開 …

まだ青い栗

社会福祉士になるならば

福祉分野で仕事をしているけど、社会福祉士をとったほうがいいんだろうか?資格を取ったらどうなるの?何かいいことあるだろうか?給料が上がるかな?独立して起業できる? こんな疑問があると思います。 本稿の内 …

autumu mountains

社会福祉士の資格は無意味?意味のある資格にする方法

社会福祉士の資格を取ったけど、給料が上がらないなぁ。この資格に意味があるんだろうか?どうしたらもっと意義のある資格になるのだろう?社会福祉士の仕事をさせてもらえない! こういった疑問に答えます。 本稿 …

田和 凛太郎(だわ りんたろう)

私の人生が、いろいろな局面をもって展開してきたことで、皆様のお役に立てることがあるので、ブログを立ち上げました。よろしくお願いします。