鍼灸師と柔道整復師

鍼灸師の資格、それ使えます

投稿日:6月 28, 2020 更新日:


こんにちは、田和です。

鍼灸整骨院と称した院がたくさんありますが、鍼灸師の資格を活用できてますか?

瑞穂ハウスの黄昏

結論から言いますと、鍼灸師の資格は使えます。その資格は稼いでくれます。使う方法は、保険適応にすることです。自治体設置の鍼灸師会などは、まだまだ自費請求のところが多いと思いますが、保険取り扱いすることで、他の院との競争をずらすことが可能になります。

医師の同意書の取り方はいろいろな方法があります。

一番ダメな方法は、というか、よく失敗することは、患者さんに同意書を持たせて診察に行ってもらうことです。医院では、ぺら紙一枚を持って来られても、先生はおいそれとは同意してくれないものです。先生に同意書をお願いする場合は、以下の3点が必須アイテムです。

  1. 「同意書のお願い」書類。
  2. 「施術者の経歴を書いたもの」書類。
  3. 「同意書」

野苺

1の同意書のお願いはどういった主訴で患者さんが来られたのか、どういう症状であるかをきちんと書くことです。そして、どのような施術を行う予定で、それの頻度は週に何回であるとか、記載することで、医師の同意をする上での安心感を誘います。

そして必ず「本来はお会いしてお願いするところ、大変失礼とは存じますが、書面にて失礼いたします」の一文を入れるのです。

WordPressの使い方がわかれば、リンク貼っておけるのですが、なにぶんまだ初心者ですので、うまくできませんが、いつか、こちらで使っている書類のダウンロードができるよう頑張ります。

2の施術者の経歴がわかる書類ですが、これがとても重要です。なぜならば、どんな人が施術をするのか、ドクターにはわからないですから、キチンとした経歴があれば、信頼感が増して同意書にサインしていただける確率がグンと上がります。

私は病院に勤めた経験があり、それを書いております。病院関係者とわかればなお、安心していただけるのです。なぜか、仲間意識が働きます。

3で同意書です。この同意書は厚生労働省からのものを少しカスタマイズしたものを使っています。不詳を加えており、それとともに同意書の有効期間も記入しています。

こちらの書類も近いうちにアップできるようにします。

これらの書類にプラスアルファするものがあります。それは同意書のサンプルです。そのサンプルをご参考にと、一緒に添付しておくと、さらに好感度はアップします。

ここまですると、同意書を書いていただける確率はかなり上がります。

できることならば、診察室まで患者さんと同行するのをお勧めします。私も何回かあります。その際に先生が言われることが「このような書類にサインしないよう、医師会から通達が来てます」とのことです。

ただ、こうして患者さんと一緒に来られては、先生もなかなか断れなくなって、サインして下さいます。診察室へ同行しての同意書直訴は100%成功しています。

同意書の日付以降からは施術可能です。ただし、初診では同意書が書けないとのことで、一週間後にもう一度再診の上、書いていただける場合も多いです。

保険で施術できると、患者さんは負担が軽くなるので安心されます。整骨院のような逓減もありませんし、ある程度の回数制限がありますが、条件をクリアできれば、とても大きいですから、オススメです。できれば訪問鍼灸治療をお勧めします。

単価がかなりいいですし、実際に整骨院をされている先生も、午前中の治療は10時半に終えて、訪問鍼灸に行かれる先生もあります。

柔道整復の保険適応よりも、縛りが少ないです。

こちらを活用しましょう。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-鍼灸師と柔道整復師

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

整骨院をしていて不安だったこと5つ

スキル変更で新しい世界へ こんにちは、だわリン太郎です。 【そもそも整骨院を続けたほうがよいのか】 私はおよそ40年間鍼灸整骨院を業務としてきました。整骨院は平成24年で閉めました。そして今では訪問鍼 …

整骨院(接骨院)では肩こりの施術が健康保険で可能なのでしょうか

患者側と施術者側から併せて考えます。 こんにちは、田和 凛太郎 です。 整骨院・接骨院では、よく言われる肩こりの保険治療が可能なのでしょうか。また患者から見て、保険治療で肩こりを治してもらえるのか、疑 …

訪問鍼灸で同意書を書いてもらうテクニック

ネタバレ、同意書を書いてもらえるような文書を作成する だわリン太郎です。私は鍼灸師です。柔道整復師も持っていますが、こっちは訪問治療には使いづらいですね。 マッサージの資格を持たないので、訪問鍼灸がど …

整骨院の経営が厳しくなってきているがどのように対応すべきなのか?

最近なぜか患者さんが少なくなった 新型コロナウイルス感染拡大でなのか、患者の数が減ったなぁ。まわりにたくさん整骨院ができて、競合に勝てない。施術の単価が低すぎるのではないだろうか?どうすればもっと稼げ …

鍼灸治療に係る療養費の疑義解釈について

だわリン太郎の独自「同意書」を大公開します。 鍼灸師の皆さん、療養費について、ちゃんとした知識をお持ちだと思います。もちろん日常で治療されているので、知らないことはないと思います。でも、ちょっと見直し …

田和 凛太郎(だわ りんたろう)

私の人生が、いろいろな局面をもって展開してきたことで、皆様のお役に立てることがあるので、ブログを立ち上げました。よろしくお願いします。